バリスタイル、ホテル総合案内
  • バリ島ホテル・ヴィラ
  • 離島ホテル レンボガン島・ロンボク島・モヨ島・ボロブドゥール
「神々が棲む島“バリ島”」バリ島は訪れるエリアによって様々な顔があります。旅行者や地元企業で賑わう南部リゾートエリア、穏やかな田園風景やバリ特有の芸術が楽しめる中部エリア、有名なダイビングスポットや雄大な山々が連なり手つかずの自然が楽しめる北部エリアとエリアによっても様々な楽しみ方があり、一度訪れただけではその魅力の全てを知ることは難しいでしょう。バリ島に初めて訪れる方はなぜバリ島が「神々が棲む島」と呼ばれるのか、その理由をご自身で発見されてはいかがでしょう。そして既に訪れた事のある方はさらにその魅力を味わって頂ければと思います。
バリ島マップ

クタ / レギャン
  • クタ及びレギャンは、インド洋の良質な波を求めてやってきたサーファーによって世界中に知られるようになり発展を遂げた町です。そして、いつしかこの町はサーファーだけのものではなく、楽園を求める若い旅人達の集まる場所へ変貌していき、現在も宿泊施設やショッピングセンターが新規出店し、変化を続ける魅力ある人気エリアです。
  • このエリアの一覧を見る
スミニャック
  • スミニャックは、クタ&レギャン地区の北に広がる比較的新しいリゾートエリアです。プール付きのヴィラタイプリゾートが多く、プライベート空間を楽しみたいカップルやファミリーに人気です。また、おしゃれなブティックやレストランなども充実しており“ゆっくりとバランスよく過ごしたい”そんな旅行者にお勧めしたいエリアです。
  • このエリアの一覧を見る
チャングー
  • 海と田園が広がり、放牧された牛がいる風景は、一昔前の素朴なバリそのものです。近年、南部スミニャックリゾートエリアからのアクセスが向上したことをうけて、ホテルやレストラン、雑貨店などが急増しています。また、クタビーチ同様、リゾート開発がはじまる前からサーファーが訪れていた世界的に有名なサーフィンのポイントです。
  • このエリアの一覧を見る
ヌサドゥア / ベノア
  • リゾートを求めてバリにやってくる人にとってヌサドゥアは究極の地といっても過言ではない。世界有数の大型ホテルが軒を連ねるバリ1のリゾートエリア。そのヌサドゥアから北側に延びるベノアは、マリンスポーツのスポットとして有名。ヌサドゥアとは少し異なり、高級リゾートの合間に手頃なレストランも点在していて長閑な雰囲気だ。
  • このエリアの一覧を見る
ジンバラン
  • 穏やかなビーチと綺麗な夕陽で人気を集めているジンバランエリア。昔は静かな漁村で宿泊施設もほとんどなかったが、ここ数年でリゾートホテルが続々と完成した。ジンバランというと高級リゾートのイメージが強いが、手軽な料金で快適に過ごせるホテルもある。また夜になるとビーチ沿いのシーフード屋台を目当てに観光客が押し寄せる。
  • このエリアの一覧を見る
ウルワツ
  • 次々に世界各国の高級ホテルが進出している、バリ島最南端のウルワツエリア。主な有名ホテルからは180度のインド洋の大パノラマが望め、高級ホテルならではのサービスを受け、至高の時間を過ごすことができる。サンライズからサンセットまで1日中プールサイドで過ごすのも良し!様々なお客様のバリスタイルに対応してくれるウルワツ。
  • このエリアの一覧を見る
サヌール
  • ビーチに沿って町歩きが楽しめ、のどかな空気が漂う老舗リゾートエリア「サヌール」。約8キロメートルにも及ぶビーチでは肌を焼いたり、本を読んだり、思い思いのリゾートライフを楽しむ観光客で賑わっている。最近ではヴィラタイプのホテルも増え、隠れ家的リゾートも多い。バリ好きな、リピーター達にも人気が高いのがこのエリア。
  • このエリアの一覧を見る
ウブド
  • 奥深い渓谷や緑豊かな田園の景色、優美で独特な伝統芸能、そして郊外にたたずむ高級ホテル。様々な魅力で、旅好きなヨーロピアンにも人気の高いリゾートエリア「ウブド」。観光地化が進み、観光スポットも多々あるが、ウブドの素朴な雰囲気は昔のままである。夜は、ディナー&ガムランの調べを聞いて、ゆっくりと過ごすのが心地良い。
  • このエリアの一覧を見る
チャンディダサ / マンギス
  • 波の音に耳を傾け、太陽の日差しを肌で感じ「自然のリズムに合わせた滞在をする」そんなリゾート地がチャンディダサ・マンギス。そもそも小さな漁村は喧騒を嫌うビーチカマー達の隠れ家として、知る人ぞ知るスポットだった。1980年代後半からホテルやレストランが増え始め、現在はバイパスが整備され利便性も高いリゾートとなっている。
  • このエリアの一覧を見る
トランベン / アメッド
  • バリ東部の海岸線にある静かな漁村トランベン・アメッド。どちらのビーチにもダイビングに適したバリ島有数の珊瑚礁が広がり、ダイバーに人気のエリアとして知られている。最近では「昔ながらのバリの村」という風情にひかれ、長期滞在するバックパッカーも増えている。早朝、浜辺では帆を張ったジュクンが漁に出て行く光景が広がる。
  • このエリアの一覧を見る
ロビナ
  • イルカウォッチングツアーで有名なロビナビーチ。空港からは車で3時間ほどのバリ島北部に位置する。黒砂のビーチが広がり、小規模のバンガローやホテルが点在するエリア。南部リゾートエリアに比べ開発のスピードが遅くのんびりとした古き良きビーチリゾートの風情が漂う。シガラジャやムンジャンガンなど北部観光の基地でもある。
  • このエリアの一覧を見る
ムンジャンガン
  • 西部国立公園周辺のリゾートエリア。国立公園周辺のため開発がされておらず、手つかずの自然が多くバリ島内でも屈指のエコツアーポイントとなっている。代表的なのはムンジャンガン島でのダイビングやシュノーケリングツアーだが近年はバードウォッチング、ジャングルトレッキングツアーを楽しむ事ができるリゾートが増えて来ている。
  • このエリアの一覧を見る
タナロット / タバナン
  • タバナン地区はバリ中西部に位置するバリ最大の稲作地帯。穏やかな斜面に優美な曲線を描くライステラスが延々と広がり、長閑な田園風景と海を楽しめる。海に浮かぶ岩島に建つバリ六大寺院の一つ“タナロット寺院”があり、夕暮れ時には美しいシルエットを形成しこの景観を求め大勢の観光客が訪れる。(ケチャックダンス公演もある。)
  • このエリアの一覧を見る
   

インドネシアは、赤道直下に位置し東西に約5110Kmと非常に長く、大小約1万8110もの島により構成されています。また、その中には未だ人が踏み込んだことのない場所がいくつもあります。現在、観光で安全に訪れることが出来る場所はごくわずかですが、世界文化遺産のボロブドゥール寺院遺跡群・プランバナン寺院群やコモドドラゴンで有名な、世界自然遺産のコモド島(コモド国立公園)など貴重な場所に訪れることができます。バリスタイルで主に紹介させて頂いている、バリ島・レンボガン島・ロンボク島・モヨ島・ジョグジャカルタ(ボロブドゥール・プランバナン)も観光地化されている場所ですが、貴重な珊瑚礁や自然、遺跡やローカルな人々の暮らしを垣間見る事ができる魅力的な場所です。是非、あなたもインドネシアの魅力・奥深さに触れてみて下さい。
インドネシアマップ
レンボガン島
  • バリ島の近く、東の沖に浮かぶ「レンボガン島」は素朴な漁村が点在するナチュラルアイランド。島の周辺にはダイビングやサーフィンのポイントも多く、海のアクティビティを満喫する旅行者に人気が高く、滞在者も多い。素朴な自然とユニークな歴史を持つ島は、近年デイクルーズの目的地や、新リゾートエリアとしても人気を集めている。
  • このエリアの一覧を見る
ロンボク島
  • ロンボク島は、バリ島から東へ約50km離れた場所に位置し、バリ島との間を隔てている海峡にはウォーレス線が通っており、乾燥した風土が特徴。動植物などはオーストラリア大陸との共通性が多く見られる。バリ島に比べて、観光開発が遅れていることから「のんびりリゾートライフ!」と言う方にお勧め。マリンスポーツも存分に楽しめる島。
  • このエリアの一覧を見る
モヨ島
  • バリ島から東へ飛行機で1時間ほどの距離にある、約1000の大小様々な島で成り立っているヌサトゥンガラ諸島。その中の1つ約360平方キロメールの小さな島がモヨ島。貴重な珊瑚礁の海に囲まれ、緑豊かなジャングルと素朴な村人達に触れ合える大自然の島。島唯一の宿泊施設は世界的に有名なリゾート、アマングループの「アマンワナ」
  • このエリアの一覧を見る
ボロブドゥール
  • バリ島から飛行機で約1時間、ジャワ島の古都「ジョグジャカルタ」に、世界文化遺産のボロブドゥールがあります。また、プランバナン寺院群などの貴重な遺跡や、インドネシアを代表する王宮などを見ることが出来る。市内にはオランダ植民地時代の名残、コロニアル調建築物も多く、古都だけが醸し出す独特の雰囲気を存分に味わえる。
  • このエリアの一覧を見る
   




フリーフォームお問い合せ
ご希望の宿泊先が掲載されていない場合は、こちらのフリーフォームからお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合せ
電話で直接聞いてみよう!

文章だと“伝えにくい” “伝わりにくい”ことってありますよね。そんな方は是非電話でご相談下さい。

あなたのコンシェルジュ「バリスタイル」が親切丁寧にお答えいたします。

※出発日が近い方は電話をご利用下さい。即日手配でスムーズに出発いただけます。



ページのトップへ戻る

営業

  • 社名:株式会社マイドゥ・インク
  • ブランド名:バリスタイル
  • 登録:東京都知事登録旅行業第3-5292号
  • 日本旅行業協会正会員 JATA
  • 旅行業公正取引協議会会員
  • 日本旅行業協会ロゴ 旅行業公正取引協議会ロゴ
  • 〒111-0042
  • 東京都台東区寿3-3-10パラッシオ蔵前1F
  • TEL:03-5830-1221
  • FAX:03-5830-1220
  • Mail:info@bali-style.co.jp
  • 営業時間:
  • (1)月曜日〜金曜日 10:00〜18:00
  • (1)土曜日     10:00〜13:00
  • (2)月曜日〜金曜日 10:00〜19:00
  • (2)土曜日     10:00〜15:00
  • 定休日・日曜及び祝祭日

  • 営業時間(1)(2)はシーズンによって異なります。
    お手数ですがお問い合わせ下さい。

各種お問い合わせ方法

  • 電話でのお問い合わせ及びご予約は
    営業時間内にお電話下さい。


  • お問い合わせフォーム
    24時間受け付けてます。

  • 月曜から金曜日の平日に頂いた見積もり及びご予約の返信は24時間以内を心がけております。
    24時間以内にこちらから返信が無い場合、お客様からのお問い合わせメールやお問合せフォームが届いていないおそれがございますので、お手数ですが再送をお願いいたします。また、ファクシミリでのお問い合わせも賜っております。

お支払い方法




ムンジャンガン ロビナ トランベン・アメッド チャンディダサ・マンギス タナロット・タバナン ウブド サヌール ヌサドゥア・ベノア ウルワツ ジンバラン クタ・レギャン スミニャック チャングー ボロブドゥール(ジョグジャカルタ) モヨ島 ロンボク島 レンボガン島